2015.09.28

選手プロデュース弁当に注目。太るのも納得!?の「松坂弁当」

  • 長谷川晶一(12球団ファンクラブ評論家Ⓡ)●文・写真 text & photo by Hasegawa Shoichi

 また、「柳田弁当(1300円)」は別名「焼き魚好きっス弁当」と名付けられ、「柳田選手の大好きな魚を中心に作りました」と書かれていて、甘塩鮭、鯖照焼、鰆西京焼とまさかの焼き魚3連発! さらに、出身地・広島名産の桜ハムやもみじ饅頭が並ぶ。「今宮弁当」はとり飯、とり天、カレー、ハンバーグ(スクランブルエッグのせ)、唐揚げ、ナポリタンなどが入り、最も「お子様ランチ的」な子ども好みのメニューが並ぶ弁当だった。

    
これでもか、と3種類の焼き魚を詰めた柳田弁当これでもか、と3種類の焼き魚を詰めた柳田弁当


【オリックス】
 ソフトバンクの選手プロデュース弁当が通年で販売されていたのに対して、オリックスは期間限定で、弁当という形式ではなく、各選手が自らプロデュースしたメニューが並ぶ。また、他球団のように選手が描かれた弁当箱や容器は用いられておらず、見た目は他の弁当と何ら変わりないのが残念。もちろん、シールやカード類のオマケもなし。その分、他球団に比べて割安になっているのは良心的。

 この中で、特においしかったのが佐藤達也プロデュースの「サトタツのチーズカレー温玉のせ(900円)」だ。店頭の看板には「このトッピングは子供から大人まで間違いないでしょ!!」と書かれていたけど、まさにその通り。とろ~りと溶けたチーズに甘い温泉玉子が絡み合い、カレーの辛さを中和してくれる。まさに、子どもも大人も大満足だろう。

満足度高し!「サトタツのチーズカレー温玉のせ」満足度高し!「サトタツのチーズカレー温玉のせ」