2015.09.25

猛虎ファンを直撃! 来季の和田監督続投は「あり」か「なし」か?

  • ダカーポ●構成・写真 text & photo by dacapo

 相手先発の新人投手が1番・鳥谷に四球を出しても、2番・大和には絶対に送りバント。好不調や相性にかかわらず、頑なに右投手には左打者、左投手には右打者。盗塁はナシ、エンドランもスクイズもナシ。長打がないから走者2塁でも相手の外野は極端に前に守り、ヒットが出ても3塁でストップ。相手にとっては、ずいぶんと『やりやすいチーム』になってしまいました。

 気弱さは、選手の起用法にも感じます。伸び盛りの若手には厳しいくせに、外国人やベテランには危機感を煽って競争させようとはせず、どんなに不振でも『やってもらわなきゃ困る』と甘い。結果として、ゴメス、鳥谷、マートン、福留に誇れるほどの成績はなし。トータルではリーグ最少得点です。

 投手についても、先発は藤浪、メッセンジャー、能見、岩田を主戦として回し、足りなくなったらメッセ、藤浪の登板間隔を詰めて対処しました。当然、新たな投手の活躍もなく、どんどん選択肢が狭まりました。ブルペン陣も同様で、安藤、福原、呉昇桓、それと高宮くらいしか信頼感は得られず、他の投手は伸び悩んでいる印象だけが残っています。

 結局、野球がどんどん小さくなって、思い切った采配は影をひそめ、選手起用も狭い幅の中でちょこちょこやるだけ。しかも毎年同じことの繰り返しで、『今年こそは』の期待が裏切られています。