2015.09.25

西武・高橋光成「岸孝之さんのボールを見てプロの凄さを知った」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kyodo News

―― 清川栄治コーチ(西武二軍投手コーチ)に話を聞いたのですが、キャンプでピッチャーズプレートでの立ち方、地面の「噛み方」について、アドバイスを受けたそうですね。

高橋 投げる時に軸足がプレートに着いていなかったので、そこを言っていただきました。最初は慣れなくて、イヤな感じがあったんですけど、投げてみたら「あ、違うな」と。プレートをうまく使えば、こうやって投げられるんだなとわかりました。

―― ボール自体も良くなったという実感があった。

高橋 そうですね、やっぱりボールに力が伝わるので、やってみて良かったなというのはあります。

―― 前橋育英高時代も「しっかりと立つ」ということをテーマに取り組んでいましたね。

高橋 「しっかり立つ」ことは意識していたんですけど、「プレートを踏む位置」までは気にしていませんでした。プロに来てみて、いろんなポイントがあるのだな……ということを感じます。

―― 清川コーチはキャンプで「連続プレー」をよく練習したとも言っていました。個人ノックと投内連係を組み合わせたようなメニューで、投げる、捕る、踏ん張る、切り返す……と、さまざまな動きを連続して繰り返すという。

高橋 あぁ~、キャンプの個別練習でよくやりました。

―― このメニューで体の連動性が向上したとか。

高橋 そうですね! こういう連続した動きはやったことがなかったので。今までとは違ったところを動かして、使って、自分にとっていい刺激になりました。