2015.09.07

真中監督が熱く語る「ヤクルト優勝への確かな手応え」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Kyodo News

―― 取れる試合を落とさない。その一番の要因は何ですか?

「中継ぎ投手の踏ん張りですね。秋吉亮、松岡健一、ロマン、オンドルセク、バーネットたちが試合を壊さず、いい継投を見せてくれています。特に、バーネットを抑えに固定できたことが大きいですね。彼はここ2年、成績がよくなく、今年こそという気持ちが強かったのでしょう。いま思えば、春のキャンプで仕上がりが最も早かったのがバーネットでした。キャンプの段階ですでに150キロを投げていましたから(笑)」

―― 今年は守りのよさも目立っています。ここまで守備率はリーグトップ、失策数もリーグ最少です。

「逆転本塁打を打たれたとしても、選手たちは『失点はここで食い止めよう』と集中力を切らさずに守ってくれています。最少失点に抑えていれば、終盤の逆転につながることもある。昨年のようにプチッと切れて失点を重ねると、そこで試合は終わってしまいますから」

―― そして何と言ってもヤクルトの武器は”強力打線”です。現在、チーム打率と得点はリーグトップ。オールスター明けから2番・川端慎吾、3番・山田哲人、4番・畠山和洋の並びになり、それぞれがタイトル争いをするなど、すごい打線になっています。

「現状ではこれが最善なのかなと。僕としては、川端、山田、畠山の3人と勝負してほしいわけなんです。たとえば、『川端を歩かせて次の打者で勝負』という選択肢がないようにしたい。山田にしても4番に畠山がいることで相手は勝負しないといけないだろうし、畠山も次に雄平が控えているから勝負を迫られる。そういう考えで3人を並べました。ただ、これで確定だとは思っていません。その時のチーム状況に順応して、これからも変えることがあるかもしれません」