2015.08.18

「個」から「チームへ」。阪神・能見篤史が生まれ変わった瞬間

  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoishihiro

中谷仁(なかたに・じん)1979年5月5日、和歌山県生まれ。甲子園の名門、智弁和歌山高校出身。甲子園には正捕手として3度出場し、2年生だった 1996年センバツ大会では準優勝。3年生の1997年夏の甲子園では主将として全国制覇を成し遂げる。同年のドラフト1位で阪神に入団。その後、 2005年オフに金銭トレードで楽天へ移籍。2012年からは巨人に移籍。その年を最後に引退し、巨人ブルペン捕手としてリーグ優勝に貢献。2013年の WBC日本代表でもブルペン捕手としてチームに帯同した。現在は大阪の野球教室「上達屋」でプロ野球選手から子どもたちまで幅広く指導を行なっている。
 たとえば、巨人の澤村拓一に関しても、「そんなに力を入れなくてもいいのに」とか「ここをこうすればよくなるのに」とか、直接本人に言わなかったものの、私に「あとは頼んだ」的な感じで、澤村に伝えておいてほしいと。昔は自分のことで一生懸命だったと思うのですが、チームのために何ができるのか、歳を重ねるごとに考えるようになり、このWBCの時にそれを行動に移したのでしょう。

 おそらく、今も若手たちにアドバイスを送っていると思います。決して口数が多いわけではありませんが、他の選手のことはしっかり見ている。

 このまま阪神の若手投手陣を引っ張って、10年ぶりのリーグ優勝、30年ぶりの日本一を目指してほしいですね。
(後編に続く)


連載はこちら>>
エースの響き~ブルペン捕手・中谷仁が見た「超一流エースたちの流儀」

関連記事