2015.07.30

DeNA山﨑康晃に「考える力」を与えた7年間の猛練習

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 入学時に57キロしかなかった体重は、高校3年時には70キロにまでボリュームアップ(現在は83キロ)。そして主力級になると通える、スポーツジムでのトレーニングで「球速がガーンと上がった」(山﨑)という。

 高校3年夏の大会で背番号「1」を手にするまでに力をつけた山﨑は、同年秋にプロ志望届を提出する。しかし、山﨑を指名する球団はなかった。

「『プロ待ちでもいいから来てくれ』と声をかけてくれたのが、亜細亜大学でした。実際に指名がなくて大学を考えたとき、やっぱりウチはお金もないし、野球以外の道に進むことも考えました。そんななかでも亜細亜大学から『お金の面も考慮するし、もう一度整った環境で野球を学んでほしい』と言ってもらえて、それで大学に進むことを決めました」

 当時、東京近辺のアマチュア野球の現場で取材していると、こんな声を何度か聞いたことがあった。

「帝京の山﨑が亜細亜に行くらしいけど、あんな気の優しい子が入ったらやめちゃうんじゃない?」

 東都大学リーグで輝かしい実績を誇り、幾多の名選手を輩出している亜細亜大。その練習・規律の厳しさは、大学野球ファンなら知らぬ者はいないくらい有名だ。当然、そのことは山﨑本人の耳にも入ってきていた。

「『お前、たぶんやめるぞ』って言われていました(笑)。でも、そう言われるたびに『それしか道はないんです』と......」

 実際に入ってみて、やはり厳しかったですか? そう山﨑に問うと、間髪入れずに「キツイっす。絶対に普通の人では耐えられないと思います」という答えが返ってきた。

「朝5時に起きて、アップをしないで5キロ走るとか......。かなりぶっ飛んでいるなと思いました」