2015.07.14

柳田悠岐のフルスイングはいかにして完成したのか?

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 牛島寿人●写真 photo by Ushijima Hisato

 大学球界ではマイナーな広島六大学リーグから野手として、しかもドラフト2位でのプロ入り。豪快なプレイスタイルと併せ、「素材」を評価されての高評価だったが、このタイプは才能を開花できないまましぼんでいくケースも少なくない。

 怪物や猛者が集うプロ野球の世界で生き抜くには、身体能力や技術だけでなく、頭脳の部分も必要になってくる。しかし、アマチュア時代に秀でたパワーやスピードに頼ってきた選手は、「このあたり」がネックとなり成長を鈍らせてしまうことがある。その点、柳田は個性的な素材型の選手にありがちなアバウトな思考の持ち主ではないことが、この一連のやり取りでわかったような気がした。

 そもそも、少年時代から柳田は、怪物でもスター選手でもない。高校は名門・広島商に進んだが、当時は今のスタイルとは対極にあった。高校時代は柳田の2年先輩で、現在は広島経済大で監督を務める堤裕次からこんな話を聞いたことがある。

「高校1年の時の柳田は、体も細くて、身長も170センチくらいでした。1年生の中でも目立った存在ではなかった。今とはまるで別人でした」

 ところが、そこから身長が伸び続け、2年秋にライトのレギュラーを獲得した時には、180センチを超えていた。さらに、3年夏の最後の大会が終わると、かつて金本知憲新井貴浩が通っていた広島市内のスポーツジム「トレーニングクラブ・アスリート」に出向き、トレーニングの重要性に目覚めた。そして大学時代は独自に体を鍛え、卒業する頃には体重が90キロ近くまで増えていた。