2015.07.03

西武・高橋光成が「群馬の野生力」を取り戻し急成長中

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Sportiva

 高校時代にストレートがシュート回転する悪癖があったのも、このプレートへの入り方が原因だったに違いない。キャンプに入ってから、清川コーチは高橋にこの点を指摘する。さらに付随してスパイクでしっかりと地面を噛むことも伝えた。すると、高橋は教わったことをすぐ飲み込んだという。高橋が重視する「しっかり立つ」ということは、プロでグレードアップしていたのだ。

 そしてプロに入ってからの「爆発力」について清川コーチに聞くと、思い当たることとしてこんなことを教えてくれた。

「プロではキャンプの投内連係で『連続プレイ』という練習をやります。たとえば、ピッチャーがセカンドに牽制する。その振り向きざまにノックを受ける。捕ったらすぐに転がされたゴロをスクイズ処理のようにダッシュしてトス……。ひとつのプレイで終わるのではなく、あえていろんなプレイをミックスさせるんです。頭を使いながら、蹴って、踏ん張って、捕って、切り返して……と、いろんな動きが練習できる。この連動が爆発力につながったのかもしれません」

 連続プレイはキャンプで毎日みっちり練習したという。188センチ90キロの大型選手にもかかわらず、高橋は前後・左右・上下、あらゆる動きに俊敏に対応していった。高卒1年目の大型投手がスムーズに動けることは珍しい。清川コーチの目には、そんな高橋があるアスリートにダブって見えた。

「まるでテニスの錦織(圭)くんみたいやなと(笑)。前後左右、時にジャンプしてボールを拾う姿が重なりました」