2015.06.11

球界を席巻!「大阪桐蔭の4番」は「ジャパンの4番」

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 ある球団のスカウトは「素質があるのはもちろんですけど、(大阪桐蔭の)先を見越した指導は見事」と言い、こう続けた。

「たとえば、森友哉。彼は入学時からバッティングはケタ違いにすごかったそうなんです。ただ左投手に対して少し苦手意識があった。そこで大阪桐蔭の西谷浩一監督が森に『プロに行きたいんか?』と聞くと、『はい』と即答した。すると西谷監督は『巨人の阿部(慎之助)は毎試合、終盤になったら左の変則投手を相手にせなあかんのや。ということは、そこで打てなかったら絶対に一流にはなれんということや』と言ったそうなんです。翌日から森はバッティング練習で左投手ばかり打つようになり、瞬(またた)く間に弱点を克服した。常に高いレベルに目線を向けさせることで、選手たちは現状に満足せず練習に励む。野球に取り組む姿勢ができあがっています」

 また別のスカウトは、大阪桐蔭OBの特長として「積極性」を挙げた。なかでも打者は、ファーストストライクから積極的に打ちにいく姿勢が染み付いているという。どんな打者でも追い込まれると打率は極端に落ちるが、それをわかっていながらも初球から振れる打者は意外と少ない。だが、浅村や森を筆頭に、大阪桐蔭出身の選手は初球からでも迷いなく振っていける。こうした積極的なバッティングを可能にしているのが、大阪桐蔭の練習メニューだ。

 大阪桐蔭OBが「あの練習が役に立っている」と口を揃えるのが、"1本バッティング"。これは毎日行なわれている練習メニューのひとつで、カウント1ボール、2ストライクと投手有利に設定してバッティングをするというもの。