2015.06.05

岡田彰布氏に聞く「逆転優勝へ、阪神に何が必要か?」

  • 田沢健一郎●文 text by Tazawa Kenichiro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

―― レギュラー奪取の可能性もありそうですか。

岡田 ただ、本当のレギュラーになるには、相当なアピールが必要でしょうね。キャンプ序盤はいい動きをしていたのに、終盤に脇腹を痛めてしまった。これがデッドボールやクロスプレイでなったことならしょうがないけど、そうじゃない。厳しいことを言うかもしれないけど、これはただの不注意。そういった隙をなくしていかないと、なかなかレギュラーにはなれない。それに、荒木は若いといっても大卒5年目の選手。年齢的にはとっくにレギュラーになっていないといけない選手です。

―― 捕手では入団2年目の梅野隆太郎選手(23歳)が開幕からマスクを被るなど期待されていましたが、現在は二軍で調整中です。

岡田 キャッチャーを梅野中心で行くのは、まだちょっと早かったような気がします。キャッチャーというポジションは育てるのが難しい。チームの勝敗を握っているポジションだし、ただ試合で使えばいいというものではないですから。たとえば、万年Bクラスのチームだったらそれでも良かったと思うのですが、昨年の阪神は日本シリーズまで行ったチーム。やっぱり、勝ちながら育てるというのは大変なんです。

―― 梅野選手が苦労した理由はどんなことが考えられますか?

岡田 キャッチャーというポジションは覚えることが多く、経験を積んだとしてもすぐ身につくわけではありません。それに結果も求められるわけですから、今の梅野にはちょっと荷が重かったかもしれない。『打てる捕手』ということで期待されていたと思いますが、正直、バッティングを考える余裕はなかったのかもしれないですね。