2015.05.20

DeNAの守護神・山﨑康晃、取り戻した「2年前の感覚」

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 1年前と何が違うのか。その理由がわからないまま、ドラフトが近づいていった。当然、現場のスカウトたちも気持ちは同じ。「失恋して、心が折れてしまった」という噂まで入ってきた。

 ドラフトでは早稲田大・有原航平(現・日本ハム)の外れ1位で阪神との競合の末にDeNAに入団したが、「本当に大丈夫か……」「全盛期は過ぎたんじゃないか」など、ネガティブな意見が大多数を占めた。

 だが、DeNAには心強い人物がいた。亜細亜大の1学年上の先輩捕手・嶺井博希だ。亜細亜大の正捕手として黄金期を支え、一昨年のドラフト3位でDeNAに入団。プロ1年目はほぼファームで過ごしたが、今季は一軍での起用も増えている。

 じつは、山﨑が輝いていた大学3年の頃をいちばん知っているのは嶺井だ。そして川村丈夫ピッチングコーチからこんな話を聞いた。

「当初、山﨑は先発投手として考えていたんです。ドラフト1位の投手ですし、リリーフは過酷なポジション。やはりケガの心配がありますから。でも、嶺井から『山﨑は短いイニングの方が合っているとおもいます』という話をされたんです。それでリリーフとして使ってみたら、この活躍です」

 キャッチャーの黒羽根利規は山﨑について次のように語る。

「先発の時とボールの質が全然違います。たぶん、長いイニングのことを考えていたと思うし、ここで全部出し切ったとしても、どこまで行けるのかがわからなかったんでしょう。それに話を聞いていると、接戦になればなるほど力を発揮しそうなタイプなんです。初登板の時も『楽しめた』と言っていましたから。打たれても『どうしよう』っていう感じもないし、動じることがない。短いイニングの方が向いていると思いますよ」