2015.05.16

「投げたくない」。巨人・山口鉄也がブルペンで漏らした本音

  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 ぐっさんと再会したのは、2011年オフ。私が楽天から巨人に移籍した時です。いきなり「(中谷)仁さんが球団に『(僕を)獲らない方がいい』って言ったんでしょう」って。ぐっさんなりに気を遣い、冗談っぽくあいさつしてくれたのですが、さすがにその時は返答に困りました。たしかに、私の見る目もないですが、あの時は特徴のあるピッチャーに見えなかったんですけどね(笑)。

 ただ、巨人というチームに入ったことは、ぐっさんにとって本当に良かったと思っています。入団後は、工藤公康さん(現ソフトバンク監督)と一緒に自主トレを行ない、プロとして戦っていくのに何が必要なのかを教わったと聞きました。本人の努力はもちろんですが、そうした環境に入れる運の強さみたいなものを感じました。

 それから私は、選手として、ブルペン捕手として、ぐっさんの球を受けることになるのですが、何度もボールを受けるようになって、なぜ彼が打者を抑えられるのかわかってきました。

 得意球であるチェンジアップはもちろんですが、スライダーはキレ、曲がり方ともに一級品です。さらに、シュートが抜群に素晴らしい。それにストレートも入団テストの時より10キロ以上はアップしたんじゃないですかね。ボールそのものに力がありますから、少々甘くなっても打球が前に飛ばないんです。つまり、ボールが強い上に上下左右の揺さぶりができるから、右打者や左打者に関係なく抑えることができるんです。