2015.05.14

現役選手が語る「高卒2年目、西武・森友哉の衝撃」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 また、この試合で森にライトへ二塁打を許したリリーフ左腕の松永昂大は、「今年は(森に対して)2打数2安打ですか」と言って、話を始めてくれた。

「フルスイングで豪快なイメージがあるのですが、僕の中ではうまい打者という印象です。1年目は左投手の外へ逃げていく変化球を振っていたのですが、今年はそこを我慢できるようになっています。この前の試合の二塁打も外へ逃げるスライダーだったんですけど、まさかライト線に打たれるとは想像していませんでした。ボールを追いかけないから、あの方向に打てるんだと思います。もちろん、本人の調子がいいというのもあると思いますけど」

―― 森選手はまだ入団2年目の19歳です。

「2年目とかは関係ないです。試合に出れば1年目だろうかベテランだろうが同じです。ただ森に対しては、何を投げても打たれるという感じではありません。ピッチングの組み立てはできているけど、最後のツメが甘くなって打たれている。たとえば、今でいえば西武の秋山翔吾の方が、何を投げても打たれる感じがあります」

 次に、同じくロッテの今江敏晃に話を聞いた。今江は、森と同じく高卒でプロの世界に入り、レギュラーに定着したのは4年目だった。

「僕の2年目は、正直、一軍の舞台に立つとかの問題ではなかったですね。ファームでは試合に出ていたので少しずつ慣れてきた部分はあったのですが、一軍の試合では緊張して足が震えていました。一軍と二軍とでは、技術的にも精神的にも違いますからね」