2015.05.08

球団グッズの最新トレンドは「受注生産」と「おしゃれコラボ」である

  • 長谷川晶一(12球団ファンクラブ評論家Ⓡ)●文 text by Shoichi Hasegawa

 さて、僕がほしくなったのは昨年から本格的にコラボ展開しているBEAMSとのコラボ商品群。クラシックサインTシャツ(5200円)、トートバック(9950円)など、絶妙の風合いで触手が伸びる。デッキジャケット(28080円)やネクタイ(9200円)など、セレクトショップ界の雄ならではのラインナップ。本気でほしいのだけれど、衣服はやっぱり試着をして買いたい。次回ハマスタに行くときには球場ショップに顔を出してみよう。

 セレクトショップの雄、BEAMSとのコラボにも力を入れている

 変わりものとしてはフード付きタオル/セーラー柄・DB.スターマン(2700円)。フード付きタオルは多くの球団が扱っているけど、セーラー柄は初めて見た。さすがミナト横浜だな。

雨、日焼け対策におすすめ、フード付きタオル

横浜DeNAベイスターズ オフィシャルwebショップ
http://ec.baystars.co.jp/


《東京ヤクルトスワローズ》
 球場周辺に球団直営ショップを2店舗オープンさせ、俄然、ヤル気を見せるヤクルト。カタログを見ているとNEW ERA製キャップが実に多い。数えてみると27種類掲載されていて、品切れ商品もちらほら出始めているけど、まだまだ新作も登場するらしい。で、今回はずっとほしかった9FIFTYキャップ・迷彩×ネイビー(4900円)を迷わず購入。さっそく、神宮に行くときには毎回、かぶっている。なぜなら僕はヤクルトファンだから。 

野球帽もおしゃれアイテムに! 長谷川氏購入のキャップ

 さらに、カタログ掲載だけでミニチュア傘(700~1000円)が全11種類も揃えられているのは、まさにヤクルトならでは。