2015.05.06

解説者7人の新人王予想「巨人・高木勇人を脅かすのは誰だ?」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

本間満(元ソフトバンク)

「セ・リーグは巨人の高木勇人しかいないでしょう。新人にも関わらず、インコースにきっちり投げ切れるのがすごいです。変化球のキレもいいですし、ルーキーとは思えない堂々としたピッチングが光っています。

 パ・リーグは飛び抜けた選手はいませんが、ソフトバンクの5年目・牧原大成(内野手/打率.292、0本塁打、2打点、2盗塁)に期待したいです。昨年ファームで最多安打を記録した実力者で、足の速さとミートのうまさが魅力の選手です。併殺が少なく、相手にとっては嫌な打者だと思います。選手層の厚いソフトバンクの中で試合に出るのは簡単なことではありませんが、出場機会が増えれば一気にチャンスは広がると思います」

藪恵壹(元阪神、アスレチックス、楽天ほか)

「開幕5連勝をマークした巨人の高木勇人が現時点では大本命だと思いますが、DeNAのクローザーとして頑張っているルーキーの山﨑康晃(投手/16試合、0勝1敗11セーブ、防御率2.76)にも十分チャンスはあると思います。開幕直後はバタバタしたところがあったのですが、投げるたびに自信を深め、今ではチームに欠かせない存在になりました。チームも好調ですし、セーブ王のタイトルを獲れば一気に大本命になるでしょう。

 パ・リーグは難しいですね。明治大からオリックスにドラフト1位で入団した山崎福也(投手/3試合、0勝1敗、防御率5.25)に期待していたのですが、まだ結果を残していません。ただ、彼は実戦向きの投手だと思いますし、一軍で経験を積めば勝てる投手になりそうな感じがします。この先、一軍で投げるチャンスがあれば、結果を出すような気がします」