2015.05.02

【プロ野球】タワレコ、ふなっしー……コラボで広がる応援グッズの世界

  • 長谷川晶一(12球団ファンクラブ評論家Ⓡ)●文  text by Hasegawa Shoichi

《東北楽天ゴールデンイーグルス》
 楽天は以前からアメリカの大手アパレル・Majestic(マジェスティック)やCHUMS(チャムス)とコラボして、かなり上質なアパレルアイテムを作っている。

 僕はチャムス好きなので、「欲しいなぁ」と思いつつ、「でも楽天ファンじゃないし……」と思っていたのだけれど、今回は「取材、調査のため」といういい口実ができたので、楽天×チャムス・メッセンジャーバッグ(6300円)を迷いなく購入。注文からわずか2日後に到着。想像通りの高品質とかわいいデザインに大満足。目につくところではなく、底面に「CHUMS・EAGLES」とあしらわれているのも上品でうれしい。昔のようにコテコテの野球グッズはもはや流行らないのだ。
  
ふだん使いできるおしゃれなメッセンジャーバッグ! ロゴは底面にある(下)。

ボディは塗装ではなく、樹脂調合から球団カラーを再現
 さて、僕が気になって仕方ないのが「完全限定生産品」と銘打たれたマルサン謹製 楽天イーグルス×ウルトラマンソフビ(10800円)。そもそも「マルサン」が何だかわからない。調べてみると昭和41年に初めてウルトラマンのソフビを製作した老舗玩具メーカーで、ソフビ界では伝説の存在だということを初めて知った。 

 ボディは球団カラーのクリムゾンレッドで、胴の部分には球団イニシャルマークが描かれている。一体、どんな人が買うのだろうと思っていたら、4月時点ですでに売り切れ。調べてみたら、昨年8月パ・リーグ6球団が、それぞれのチームカラーをモチーフに全6種類作られたものだという。奥深き球団グッズ道、まだまだわからないことだらけだ。

東北楽天ゴールデンイーグルスオンラインショップ
http://www.rakuten.ne.jp/gold/rakuteneagles/

※長谷川晶一
ノンフィクションライター。2005年より、プロ野球12球団のファンクラブすべてに入会する試みをはじめ、現在も継続中。昨年、『プロ野球12球団ファンクラブ全部に入会してみた!』(集英社)を上梓。他に『マドンナジャパン光のつかみ方 世界最強野球女子』(亜紀書房)、『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』(白夜書房)など

(つづく)

関連記事