2015.04.22

防御率1点台! ヤクルト投手陣「覚醒」の秘密に迫る

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 選手が健康な体で開幕を迎えることができた――ある意味、当然のことのように思えるかもしれないが、ヤクルト投手陣は昔からケガに泣かされ続けてきた歴史がある。荒木大輔、岡林洋一、伊藤智仁、川崎憲次郎……そして現役では、館山昌平と由規。それだけに、健康なピッチャーが揃うということ自体、珍しいことなのだ。

 高津コーチに、この先、自分がすべきことについて聞くと、「とにかく選手の健康管理です」と即答した。

「そこしかない、と言っていいくらいです。昨年から、どうしたらケガを防げるか、1年間フルに戦うにはどうすべきか、そればかり考えてきました。今はゆとりを持ちながら、ピッチャーの球数とも相談しながらやっています」

 また、石川は「2年連続最下位に終わって、投手陣で負けたと言われていますので……」と言い、こう語った。

「投手陣全員がその悔しさを晴らそうと、オフ、キャンプとみっちり練習してきました。今年はケガ人も少ないですし、成瀬をはじめ新しい投手が加わったことで、ライバル心が生まれ、いい緊張感の中でやっています。その中で、誰かが不調になったら、他の投手がカバーするという意識も強い。シーズンはまだまだ長いですが、この意識を持って戦えば、結果はついてくるのかなと思っています」

 石川の言う長いシーズンを考えた時に、先発でカギを握るのが、前出の石山と、2年目の杉浦稔大だろう。石山は昨年のシーズン途中にリリーフから先発に転向。杉浦は昨シーズン終盤に右ヒジの故障から復帰。まだ、先発として確固たる実績のないふたりが、1年を乗り切ることができれば、最下位脱出はもちろん、優勝争いも現実味を帯びてくる。石山は先発としての手応えについてこう話す。