2015.04.19

ライバルに聞く。「大谷翔平は難攻不落のエースになったのか?」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 現在、大谷がエースとして君臨する日本ハムは首位を快走。2位の西武にとっては、大谷を打ち崩すことが首位への道となる。今シーズンはまだ対戦はないが、西武の選手たちはどんな印象を持っているのだろうか。

栗山巧

「まだ今シーズンの情報は入ってきていないですし、映像もそれほど見ていません。ただ、間違いなく去年よりはいいピッチャーになっているでしょう。あれくらいの若いピッチャーはみんなそうなんです。どんな球を投げてくるのか、楽しみではありますよ。160キロのボールは厄介であることは間違いないんですが、真っすぐを続けてくれたら対応できると思います。でも、賢いピッチャーですからね。そうはいかないでしょう」

炭谷銀仁朗

「この時期に160キロを出すぐらいですから、状態はいいんでしょうね。他のチームとの対戦でこれから色々なデータも出てくると思います。その中で、ウチがどう対応していくかも明らかになってくるでしょう。正直、現段階で大谷投手を特別意識することはないです。それよりも、捕手目線で考えると、日本ハムというチームは足もあるし、外国人がふたり入って長打も増えた。何より好調のいちばんの理由は田中賢介さんの存在だと思いますね」

 こうして選手たちの話を聞くと、大谷の登板する試合がさらに楽しみになってくる。難攻不落の投手として君臨するのか、それとも打者たちのプライドがそれを許さないのか。ハイレベルな戦いから目が離せない。

関連記事