2015.04.19

ライバルに聞く。「大谷翔平は難攻不落のエースになったのか?」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 次に選手たちの声を集めてみた。まずは開幕戦で対戦した楽天の選手から。

藤田一也

「もちろん、球界を代表する投手であることは間違いないですが、昨年に比べて特別すごくなったという印象はないです。開幕戦でもチャンスはありましたし、立ち上がりが悪いですので、そこを攻めるのもひとつの手ですよね。ただ、リズムに乗せてしまうと手も足も出ません。少ないチャンスをいかに生かすかということですね」

銀次

「去年は変化球のコントロールがなかったのですが、今年はフォークやカーブ、スライダーでカウントを取れるようになった印象があります。あの真っすぐがあって、変化球でカウントを取れるようになったのは大きいと思います。間違いなく勝てるピッチャーですが、手も足も出ないということはないです。攻略法はいろいろあります。大谷投手だからといってアプローチは変えないし、1球目から自分のスイングをするだけです。そうすれば結果はついてくると思います」

ウィリー・モー・ペーニャ

「日本を代表する素晴らしいピッチャーであることは間違いない。日本でプレイして4年目になるが、彼の160キロを見た時は驚いたよ。でも、それは日本で見たからであって、メジャーへ行けば多くのピッチャーがそのくらいのスピードを投げる。メジャーの中に入ればそこまでの驚きはないと思うよ」

―― 大谷攻略に何か策はありますか。

「彼が投げる時は、特別な対策が必要だと思う。でも、いちばん大事なことは、粘り強くボールに食らいついていくこと。どのピッチャーを相手にしても変わらない戦いを貫くことが大事だと思うね」