2015.04.04

ヤクルトナインが語る「黒田博樹ツーシーム体験記」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Sportiva

 そして杉村コーチは「黒田の日本復帰は、選手たちのレベルアップにつながる」とも言った。

「レベルの高いピッチャーがいるほど、打者は育ちます。めったに来ない甘いボールを打とうとすることで集中力が養える。対戦するのは嫌だけど、打てた時に自信になる」

雄平

「いやー、球が速かったですよ。バリバリの本格派です。その上、投球術もあるし、度胸もいい。おまけに繊細さも兼ね備えている。最強です(笑)」

―― 黒田投手のツーシームは、打者にとってどれぐらい厄介なボールなのですか?

「黒田投手のボールは速くて動くので、『ボールを長く見つつもポイントは前』という必要に迫られます。黒田投手のボールは曲がりが遅いので、ギリギリまで見極めないといけないんです。でも、ギリギリまで待っていたらボールのパワーに押されて、当てただけの打球になってしまう。矛盾しているのですが、そこが難しいんです。だから、パワーとスイングスピードがある打者の方が対応しやすいのは間違いないと思います」

―― まさしく雄平選手みたいな打者のことですね。次の対戦が楽しみですか?

「早く対戦したいです(笑)。すごいピッチャーですからね。簡単には打てないですが、打った時はすごく自信になる。そこは間違いないです」

 まだ開幕は始まったばかり。黒田と対戦していないチームがほとんどだ。はたして、黒田とはじめて対戦した打者はどんな感想を持つのだろうか。そして黒田と対戦したことのある打者は、次の対戦でどんな攻略を考えているのだろうか。いずれにしても、まだまだ黒田のピッチングから目が離せそうにない。

関連記事