2015.04.02

甲子園春夏優勝投手、ソフトバンク島袋洋奨の現在地

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Sportiva

「プロに入る前と入った後でイメージが違ったのは、チームの選手層の厚さでした。実際にみんなと一緒にプレイしてみて、二軍、三軍のピッチャー陣の感じはイメージとはまったく違っていて、凄いなって思いました。この前も笠原(大牙)とキャッチボールしたんですけど、ボールの回転がいいんですよ。あんなに腕がしなってくる、柔らかい投げ方の左ピッチャーは初めて見ました。キャンプのとき、B組(二、三軍)には帆足(和幸)さんもいましたけど、投内連係の動きひとつとってもミスなく淡々とこなしている。当たり前のことを当たり前にやる凄さというのを感じました」

 同い年のピッチャーには同郷の宮國椋丞(糸満高→巨人)、同一リーグには甲子園で凌ぎを削った山崎福也(日大三高→オリックス)、有原航平(広陵高→日本ハム)、京大出身で話題を集める田中英祐(白陵高→ロッテ)らがいる。さらに同じチームからは甲子園と無縁だった千賀滉大(蒲郡高)、星野大地(岡山東商高)らが頭角を現しつつある。

 それでも、甲子園で頂点に立った背番号1は、春も夏も島袋だ。その矜持(きょうじ)は、今も彼を支えているのだろうか。

「そこは、いつも思っています。高校の実績かもしれませんけど、でも、その年で頂点取ったピッチャーは自分なんで……興南の仲間からもドラフト前、『今のところ、プロに挑戦できるのはお前だけなんだから、頑張ってほしい』って言ってもらいましたし、心の中では“一番は自分だ”くらいの気持ちでやるべきなのかなって思います」