2015.03.30

復帰初登板&初勝利。広島ナインが語る「黒田効果」

  • 前原淳●文 text by Maehara Jun
  • photo by Kyodo News

 あれだけの実績のある投手から「自分とダブる」と言われ、嫌な思いをする投手などいない。黒田の言葉は、自信を取り戻し始めた福井の大きな力となった。

「すぐにできるとは思っていない。調子が悪いときも必ずあるけど、その中で試合を作る、チームに勝ちをつけることで、自分に自信をつけていきたい」

 黒田の金言を受け、飛躍を違う。

 また、キャンプ、オープン戦を通して話題をさらったのが、黒田の投げる“ツーシーム”だ。昨年、セ・リーグ2位の打率を残した菊池涼介は黒田のツーシームについて、次のように語る。

「曲がりながら落ちてくる。それも左右のコーナーギリギリに決まり、打者の手元で『ギュン』と曲がってきますから。あんな軌道、見たことないです」

 その伝家の宝刀“ツーシーム”を教わったのが、昨年新人王の大瀬良大地だ。春季キャンプ終盤の3月1日。「勝負球がスライダーとカットボールしかないので、シュート系の球がほしかった」と、練習試合メンバーから外れてトレーナー室にいた黒田に直接助言を求めると、こんな答えが返ってきた。

「ほぼ真っすぐの感覚で投げ、最後の最後に人さし指をちょっとかけるイメージ」

 ツーシームは以前、前田にも教えてもらったこともある。「ほぼ真っすぐの感覚で投げる」というイメージは共通していたが、黒田の「最後の最後に人さし指をちょっとかけるイメージ」というひと言が大瀬良にハマった。