2015.03.27

いざ開幕。栗山監督が断言「今年の日本ハムは抜群に面白い」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

―― 稲葉篤紀、金子誠というベテランが昨年限りでユニフォームを脱いで、小谷野栄一、大引啓次という中堅どころも抜けました。田中賢介が戻ってきたものの、レギュラーが若いチームであることの強みと脆さは、どう考えていますか。

「もちろん、0(ゼロ)か100か、どちらかの方向性が出てしまう可能性は若さゆえあるとは思うし、その怖さも感じている。ただ2位や3位を目指してるわけじゃないし、天下を取ることしか考えていないんだから、それなら若いうちに天下を取らせてあげたいじゃない。自分が主役となって勝ち切ることの意味を若い選手たちに感じてもらえれば、このチームに必要なものが自然と次の代に受け継がれていくでしょ。それはチームが強くあり続けるためには必要なことだと思うんだ」

―― 去年は、日本一から逆算すると化けなきゃいけないのはピッチャーとしての大谷翔平だとおっしゃっていました。今年は、どの選手が化けなきゃいけないとお考えですか。

「今年は、中田翔と陽岱鋼だね。彼らは今年を、選手生活で一番いい数字が残るシーズンにできるはずなんだ。だから今年、なんとしても爆発させてやりたい。そのために翔はファーストに固定してあげたいんだけどね。そのほうが集中力を発揮できるような気もするし、野球に入りやすいかなとは思ってる。実際、翔と岱鋼が自分でもビックリするような数字を残せたら、他が引っ張られるからね。若い選手に関しては、野球人生を振り返った時、『あの年が一番伸びたな』って思えるシーズンにできるはず。(西川)遥輝、タク(中島卓也)、コンちゃん(近藤健介)、岡(大海)......ね、そうでしょ」