2015.03.25

解説者たちのセ・リーグ順位予想。
「今年の巨人はBクラス!?」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 吉原正人●写真 photo by Yoshihara Masato

◎大塚光二(元西武。昨年まで日本ハム守備・走塁コーチ)

1位:広島
2位:巨人
3位:阪神
4位:中日
5位:ヤクルト
6位:DeNA

「今年のセ・リーグは予想するのが本当に難しい。それぐらい戦力差はありません。ただ、先発陣の厚みという部分で、広島を1位にしました。何と言っても黒田博樹の復帰は大きい。それによって、前田健太、大瀬良大地らの負担も減り、シーズン終盤になっても安定した力を出せそうな気がします。巨人は内海哲也の出遅れが痛いし、野手もベテランが目立っている状況です。経験豊富な選手が揃っているというところで2位にしましたが、Bクラスもあり得ると思います。

 下位の3球団に関しては、投手力がやや落ちるということでこの順位にしました。打線がいいヤクルトやDeNAは、投手力次第で優勝争いの可能性もありますが、シーズンを通して計算できる投手が少なく、絶対的な抑えもいない。そう考えると、Aクラスに入るのはちょっと厳しい感じがします」

◎金村義明(元近鉄、中日、西武)

1位:広島
2位:阪神
3位:巨人
4位:ヤクルト
5位:DeNA
6位:中日

「戦力的には阪神がひとつ抜けている気がしますが、今年の広島は黒田博樹が戻ってきて、チームに勢いを感じます。"黒田効果"は想像以上に大きい気がしますね。4番のエルドレッドがケガで戦線離脱というアクシデントがありましたが、菊池涼介、丸佳浩の"キクマルコンビ"を筆頭に、足を使って攻撃できる強みがある。おそらくセ・リーグはこの2チームが最後まで優勝を争うと思います。

 巨人は試合巧者で3位にしましたが、Bクラスの可能性も十分にあります。打線の破壊力でいえばヤクルト、DeNAの方が数段上。巨人としてみれば、いかに接戦に持ち込めるかが大きなカギとなりそうです。一方、中日は今年1年をどのような位置づけにするかだと思います。正直、優勝は厳しいでしょう。なので、将来を見据えて若手を積極的に起用するとか、それぐらい思い切ったことが必要な時期にきていると思いますね」