2015.03.13

黒田博樹の覚悟「野球人生がいつ終わっても、悔いはない」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 梅田雄一●写真 photo by Umeda Yuichi

黒田 向こうではそういう見方はされませんよね。日本だとエース対決で負けたら、それが1点差であっても、アイツが負けたと名指しで言われますから、そこは日本とアメリカの野球観の違いなのかもしれません。

桑田 若い頃、カープにいたとき、メジャーに行っている間、そして今......黒田くんは、エースとはどうあるべきだと考えていますか。

黒田 理想は桑田さんのように、投げても、打っても、走っても、野球のすべてにおいて突き抜けた人がエースだと思っています。それが子どもの頃からイメージしている僕の中のエースなんです。ただ僕自身はバッティングとか守備は上手くないので、その中で何を目指すかと言えば、やっぱり立ち居振る舞いだと思ってます。マウンドでの雰囲気というのは大事かなと思います。

桑田 その"エースに必要な立ち居振る舞い"というのを言葉にすると、どんな感じですか。

黒田 いやぁ、難しいですね。でも僕は小、中学生の頃、それこそテレビでPL学園やジャイアンツの桑田さんを見ていて、やっぱり独特の雰囲気というものを感じるじゃないですか。それを言葉で表現するのはなかなか難しいんですけど、ピッチャーの持っているオーラというものはあると思うんです。

桑田 当然、黒田くんはそういうエースを目指していると思うんですけど、改めて今、カープに戻ってきた以上はオレがエースになるんだ、エースの背中を見せるんだという思いはありますか。