2015.03.08

「門田理論を証明したい」。DeNAルーキー倉本寿彦の野望

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 キャンプ前半のフリーバッティングでは、東野峻相手に右中間、バックスクリーンと2本の本塁打を放ち、視察に来ていた他球団のスコアラーが「何で(ドラフト)3位まで残っていたのかという選手。柔らかさと力強さを備えている」「印象と違った。打球は飛ぶし、内角も捌(さば)ける」などと、驚きの声を挙げたという。

 門田は倉本に、自らの若かりし頃の姿と重ね合わせることがあるという。天理高校時代、本塁打はゼロ。しかし、「絶対にホームランを打てるようになる」と思い続けられたという。社会人に進み、猛練習に明け暮れると2年目から打球が飛びはじめた。その後、南海(現・ソフトバンク)からドラフト2位指名を受けプロ入り。しかし、そこで満足することなく、プロの世界でも「ボールを飛ばすこと」を追求していった。

 本塁打アーチストとしての完成は晩年になるが、「ホームランを打てるバッターになる」と信じつづけた思いが、プロ野球史に名を刻む大打者へと成長させた。その経験があるからこそ、倉本に大きな期待を込める。

「ワシの身長は170センチで、彼は180センチ。体つきもいいし、ワシよりワンランク上のパワーを持っている。去年、彼のスイングを見た時、『松井秀喜と一緒やないか!』という一瞬が何度かあった。化ける可能性は十分ある。あとは本人次第」

 そして、このキャンプで久しぶりに倉本のバッティングを見たのだが、一本足打法の際に上げる右足は以前よりも高くなっていた。

「今までより、もうひとつ体を使わないとプロのボールには対応できないと思って……。自分なりに考えてトレーニングしているうちに、自然と上がるようになったんです。あとはYouTubeの効果です(笑)」