2015.02.24

ヤクルト真中満監督の野望「目標は最下位脱出じゃなく…」

  • 島村誠也●文 text y Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

―― 先発投手でいえば、FAでロッテから入団した成瀬投手への期待も大きいと思います。

「徐々に調子が上がってきましたね。勝てるピッチャーっていうのかな、しっかりボールを投げ切れる。制球力もあるし、心配はしていません」

―― 次にリリーフ陣についてお聞きしますが、昨年はリードを守りきれなかった試合が何度もありました。

「7回までは秋吉亮、山本哲哉を予定していて、他に昨年の後半から中継ぎで頑張っている左の中澤雅人。正直言えば、左があと1枚欲しいところです。新人の竹下真吾か児山祐斗が出てきてくれればありがたい。8回と9回は、バーネットとオンドルセクの両外国人に任せようと思います。どっちが抑えに向いているかはオープン戦を見て判断したいと思います」

―― オンドルセク投手は来日1年目ですが、どんな印象をお持ちですか。

「メンタルもしっかりしていて、何より体が大きい(身長203センチ)ですよね(笑)。大きいとドッシリした感じがするでしょ。こうしたイメージって大事なんです」

―― 野手では、日本ハムから大引啓次選手を獲得しました。

「正直、ショートに大引が入ったことで、内野が固まりつつあります」

―― そうしたこともあってでしょうか。このキャンプでは本来セカンドの田中浩康選手がレフトやファーストの練習をしたり、他にも何人かの選手がいろいろなポジションについています。

「複数のポジションを守れた方が出場機会も増えますし、外野を守る選手たちの刺激にもなる。そうした相乗効果を狙った部分はあります。それに、ベテランである田中は嫌な顔ひとつせずに内野、外野の練習をしてくれる。その姿を見て、若い選手は何を感じるのか。こういうこともチームにとっては非常に大きいことだと思います」