2015.02.23

名手・駒田徳広が阿部慎之助に授ける「一塁手の極意」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 あと、キャッチャー出身の阿部選手に気をつけてほしいのが、ファーストはどんな送球に対しても捕りにいかなければならないということです。キャッチャーはボールを止めることが最優先だったと思うのですが、ファーストは捕らないとアウトにならないですから。ファーストが体を張ってボールを止めるのは、二死二塁で内野手の送球が逸れた時だけ。この時は、後逸だけはしないように体を張って止めにいきますが、それ以外は捕りにいく。そうした状況判断も大事になってくるでしょうね。

 また、私がファーストを守っていて最も気をつけていたことは、チームメイトが投げたボールは一生懸命捕るということです。打者が打った打球というのはとんでもないスピードで飛んできますし、反応できないこともあります。正直、そんな打球を全部捕るのは無理です。だけど、チームメイトが投げてきたボールは何としても捕るんだという気持ちが必要です。

 たとえば、内野手がファーストにとんでもない暴投を投げてきたとします。その時に、「どこに投げているんだ!」と絶対に思ってはいけません。ファーストがそういう態度をとってしまうと、内野手は委縮してしまいます。現役時代、10回のゴールデングラブ賞を獲らせていただきましたが、それよりも誇りに思っているのが、私がファーストを守っている時にイップス()になる内野手がひとりも出なかったことです。
※精神的な原因などによって動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレイができなくなる運動障害のこと