2015.02.16

西岡剛「今の心境はPL学園に行けなかった時に似ている」

  • 岡部充代●文 text by Okabe Mitsuyo
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 その夜、部屋で一晩中泣いた西岡は、翌朝から「打倒・PL!」に目標を変えて野球に取り組んだ。そして1年生の秋、大阪桐蔭の一員としてその目標を達成するのだが、今の心境は、「PLに行けずに大阪桐蔭に入学した頃に似ている」のだそうだ。

「とにかく、やってやろうという気持ち。僕はいつも土俵際まで押されて、押されて、瀬戸際になったときにまた力を発揮できたりするので」

 そうした経験があるからだろう。昨年、長期離脱中に上本が急成長したとき、テレビでそのプレイぶりを見て、西岡は「もっと活躍してくれ」と思っていたのだという。

「素直にすごいなと思ったし、認めていました。この世界、表向きは喜んでいても、心のどこかには『クソッ』っていう気持ちを持っていないとダメなんですけど、もっと活躍して、もっと僕の立場を危うくしてほしいと思っていました」

 鳥谷敬のメジャー移籍が流動的だった時期、西岡の外野コンバートが新聞紙上をにぎわせた。しかし、西岡自身はセカンド一本で勝負すると早い段階から決めていた。「ダメなら控え」という覚悟を持って。

「セカンドで勝負して負けたのなら納得できる。周りの評価が悪くても、自分自身が納得しているのであれば、それは人生において素晴らしいことだと思うんです。逆に、どれだけ周りから評価されても、自分自身がよかったと思えなければ、それは不幸な人生だと僕は思いますね」