2015.02.06

野村亮介&浜田智博のルーキーコンビが中日投手陣を救う!

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by AFLO

 また変則投法というと、"のらりくらり"をイメージしがちだが、浜田のピッチングには"牙"がある。ボールも強いがファイティング・スピリットも凄い。

 浜田が九州産業大3年の春、昨年セ・リーグ新人王の広島・大瀬良大地(当時・九州共立大4年)と堂々の投げ合いを演じて見せた。その迫力あるピッチングは、"変則型本格派"を証明するには十分な内容だった。

 こんな個性的なふたりが中日に入団した今、私にはひとつの希望がある。それが、先発・野村、リリーフ・浜田のコンビで10勝することだ。

 安定した制球力を誇る野村は、間違いなく先発タイプだ。3球あれば打者を追い込めるコントロールがあるから、球数はそう増えない。さらに、ストレートと同じ腕の振りで変化球が投げられて、右打者でも左打者でも体スレスレを突ける度胸も持ち合わせている。打てそうで打てない。そして、気がつけば回が進んでいる......。

 すると、ここからは浜田の出番だ。ゆっくり持ってリリースポイントも思い切り打者寄りの野村から、変則的なフォームからクイックのリズムで投げ込んでくる浜田に変わる。投球テンポが一変するため、打者はタイミングを取るのに相当苦労するだろう。そのあたりは、ミットを構える谷繁元信兼任監督も理解しているはずだ。

 ふたりが持つまったく正反対の個性。それを組み合わせることによって、打者はこれまで味わったことのないタイミングのズレを実感することになる。ちょっと想像を膨らませすぎかもしれないが、かなりの確率で実現すると思っている。

 彼らが加わった中日投手陣は、間違いなく"要注意"だ。

関連記事