2014.12.26

谷繁監督が挙げる「2015年、ドラゴンズのキーマン」

  • キビタキビオ●構成 text by Kibita Kibio
  • 五十嵐和博●写真 photo by Igarashi Kazuhiro

野村 本人にどれだけの覚悟があるかでしょうね。プロの世界は結果がすべてですから。

谷繁 周平は少しずつですけど、変わりつつありますよ。しっかりモノを言うようになりましたし、体力もついてきました。

野村 投手で期待したい選手は?

谷繁 若手でいえば、伊藤準規です。シーズン後半にいい形というのが出来てきて、秋季キャンプでもかなり走り込んでいました。来年で6年目になるのですが、目の色を変えてやらなきゃダメだと、本人は自覚していると思います。

野村 あとは、今年5勝をマークした濱田達郎ですか?

谷繁 ハマちゃんは、今年一軍に上がってきた時には疲れ知らずで、「体の張りって何ですか?」というタイプだったんですよ。でも、何試合か一軍で投げていくうちに、体がバリバリになったみたいです。「ハマちゃん、わかったか? これが一軍だよ」って(笑)。初先発して完封した時は球に力があって本当に良かったですけど、先発5試合目ぐらいからガタッと落ちましたね。

野村 その経験をどう生かすか、ですね。オフのトレーニングも大事だし、夏場になるとどうしても体力が落ちてしまうから、シーズン中も6月ぐらいまではしっかり走り込みをしないといけない。そういったことは経験しないとわからないからね。

谷繁 そうなんです。ハマちゃんにとって、今年はそういう経験をできたことはすごく大きかったと思います。若手でいえば、若松(駿太)や小熊(凌祐)にも期待しています。リリーフ陣についても、シーズン後半に又吉(克樹)、福谷(浩司)がある程度計算できるようになりました。祖父江(大輔)はもう少し競った場面で経験を積めれば、勝ちゲームの厳しいところで投げてもらいたい。投手陣に関しては、今年よりも間違いなくアップすると思います。現時点である程度の構想はありますが、新人にも期待できる選手が結構いますから、構想通りにならないかもしれません。

野村 いい意味で期待を裏切ってほしいですね。

谷繁 そうですね。今年はケガ人が多くて、誰を起用しようかとなった時に、この選手しか残っていない、という状況の時もありましたからね。とにかく、選手層を厚くしていきたいです。