2014.12.25

谷繁元信「監督室にいる時がいちばん孤独なんです」

  • キビタキビオ●構成 text by Kibita Kibio
  • 五十嵐和博●写真 photo by Igarashi Kazuhiro

野村 試合に出ようと思えば出られたわけですが、一方で自身の後釜となるキャッチャーを育てなくてはいけない。たとえば、出たい気持ちを抑えて「今日は松井(雅人)で行こう」という時も?

谷繁 それは何度かありました。正直、どこかで遠慮していたところは多少なりともあったと思います。今にして思えば、その遠慮がよくなかったのではないかと思うところがあります。

野村 自分が出場するか、それとも松井を起用するかというのは、ピッチャーとの相性など、何か基準を設けていたのですか?

谷繁 たとえばですが、松井と組ませてみて、リズムがいいなと思ったら次も組ませるようにしていました。松井も少しずつですが、成長していると思います。ただ、144試合を任せられるかとなると、まだそこは厳しい感じがします。すべての面で僕よりも優れていたら彼を使いますが、まだそこまで達していない。

野村 今の松井に足りないところがあるとすればどこですか?

谷繁 体力ですね。体だけじゃなく、キャッチャーは頭の体力も必要になってきます。今の松井を見ていると、集中力が切れる時がまだある。体も頭も体力がついてくれば、いいキャッチャーになると思います。肩の強さに関しては、間違いなく僕より優れています。

野村 あと、僕が思ったのは雰囲気。経験を積めば出てくるんだろうけど、キャッチャーの雰囲気が相手に与える影響って絶対に大きいと思うんです。ただ、サインを出して、ピッチャーの球を受けていればいいというわけではないですよね。

谷繁 そうですね。ちなみに、僕はいつからそうした雰囲気が出ていました?

野村 シゲとは1歳しか違わないし、オレもその頃は投げることで一生懸命だったからね。いつ頃出てきたか、と聞かれても……気がついた時には、すでにあったからね。

谷繁 僕は1年目のシーズン終盤に野村さんとバッテリーを組んだ時に、「すごいな」と思いましたよ。コントロールがいいなって。それに、よく言い合いもしましたよね(笑)。

野村 いやいや、言い合いというほどでも……(笑)。