2014.12.23

井川慶の野球人生を変えた「突然のチェンジアップ」

中谷仁(なかたに・じん)1979年5月5日、和歌山県生まれ。甲子園の名門、智弁和歌山高校出身。甲子園には正捕手として3度出場し、2年生だった 1996年センバツ大会では準優勝。3年生の1997年夏の甲子園では主将として全国制覇を成し遂げる。同年のドラフト1位で阪神に入団。その後、 2005年オフに金銭トレードで楽天へ移籍。2012年からは巨人に移籍。その年を最後に引退し、巨人ブルペン捕手としてリーグ優勝に貢献。2013年の WBC日本代表でもブルペン捕手としてチームに帯同した。現在は大阪の野球教室「上達屋」でプロ野球選手から子どもたちまで幅広く指導を行なっている。中谷仁(なかたに・じん)1979年5月5日、和歌山県生まれ。甲子園の名門、智弁和歌山高校出身。甲子園には正捕手として3度出場し、2年生だった 1996年センバツ大会では準優勝。3年生の1997年夏の甲子園では主将として全国制覇を成し遂げる。同年のドラフト1位で阪神に入団。その後、 2005年オフに金銭トレードで楽天へ移籍。2012年からは巨人に移籍。その年を最後に引退し、巨人ブルペン捕手としてリーグ優勝に貢献。2013年の WBC日本代表でもブルペン捕手としてチームに帯同した。現在は大阪の野球教室「上達屋」でプロ野球選手から子どもたちまで幅広く指導を行なっている。

 そのヘリコプターで忘れられないエピソードがあります。ある時、ヘリコプターの部品が外れたようで、井川は自分で修理しようとしたのですが、左手の親指をドライバーかなにかで突き刺してしまったんです。本人も「やべ!」と思ったみたいで大慌て。まだ、開幕して間もない時期で、おまけに翌日が登板日。「大丈夫かな」と心配していたのですが、なんと翌日の試合で完封したんです。井川は「危なかったー。怒られるとこだった」と試合後に言っていましたが、「監督に言わないでほしい」とトレーナーとかにも口止めをお願いしていたみたいです。でも、完封するんですから、凄いですよね。

 それに、休みの前日は同級生と遊びに行ったり、女性とデートしたりしたい年頃なのに、井川は決まってビデオを5、6本借りていました。「飲みに行こうや」と誘ったこともありますが、「今日はビデオ観るから」と茨城弁で断られてしまいました。

 どんなビデオを借りているのかなと思って、ある時見たら「グレイシー柔術のすべて」でした。それも1~5巻。「なんで?」って思いますよね。そのビデオと野球がどのようにつながっていたのかわかりませんが、それから半年後、彼の腹筋は見事に割れていました(笑)。

 最初は僕たちともなかなか打ち解けられず、正直、やっていけるのかなと心配していました。あとで聞いた話ですが、茨城出身の井川に関西弁は強烈だったみたいで、何を話しかけられても怒られているように聞こえてしまい、人の目を見てしゃべることができなくなったようなんです。その間、あまり外に出かけることもなく、黙々とトレーニングに励んでいました。

 そして井川のボールを受けた時の最初の感想は......正直、特別すごいとは思いませんでした。僕は高校ジャパンに選ばれた時、97年夏の甲子園で準優勝した川口知哉(平安高→オリックス)や、藤川球児(高知商→阪神→カブス→レンジャーズ)を受けたことがありましたし、それに智弁和歌山の同級生には高塚信幸という近鉄に入団した投手がいたのですが、彼らの方がすごいボールを投げていました。