2014.11.25

米スカウトが断言「大谷獲得には200億円が必要になる」

  • 永塚和志●文 text by Nagatsuka Kazushi
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 他のスカウトの意見も含めて、前田は田中将大(ヤンキース)とはタイプが違うが、メジャーでローテーションを務めることは十分に可能だという声が多かった。

 では、将来は確実にメジャーへ行くであろう大谷についてはどうか。メジャー相手に162キロのストレートを投げ込んだ右腕を、スカウトたちはどう感じたのだろうか。

「球は確かに速いが現段階ではまだ成熟できていない」とスカウトA氏は淡々と話す。だがこうも付け加える。「20歳という年齢を考えればそれも当然で、マウンドでのアグレッシブさとポテンシャルは、やはり文句のつけようがない」と。

 スカウトB氏も、大谷のマウンドさばきが一番印象に残った様子だった。

「あの年齢であれだけ堂々と投げられるのは素晴らしいし、そうそうお目にかかれるものではない。もう少し経験を積んで投球術というものを学んだら、アメリカで十分に活躍できる」

 また別球団のスカウトC氏は、「大谷はただ球の速いだけの投手ではない」と評価する。

「あの若さであれだけハードに投げられるのもすごいが、打者に対して少しも恐れずにアタックしていたのが良かった。あの年齢でボールをプレートの上に投げ込むことができるというのは、実は最も大事なことなんだよ。もちろん球速はあったほうがいいけど、私は大谷のセカンダリーピッチ(速球以外)も素晴らしいと思うね。とりわけスプリットが印象的だ。90マイル(約144キロ)のスプリットなんて誰が投げられるというんだ。今はまだ全体的にコントロールが良くないけれども、経験を積んで自分の思うところに速球や変化球を投げられるようになれば、手がつけられない男になる」

 C氏に「大谷がこのまま順調に成長して、ポスティングでメジャー移籍することになれば、ヤンキースが田中獲得に費やした金額(約160億円)を超えるか?」と尋ねると、次のような答えが返ってきた。

「間違いない。200億円までいくかもしれない」