2014.10.24

アマ球界の実力者を次々と指名した中日に復権の予感

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 繁昌良司●写真 photo by Hanjo Ryoji

 では、今回のドラフトで最もいい補強をしたチームはどこなのか。再び安倍氏に聞いた。

「今のチーム事情を冷静に把握し、的確な補強をしたのは中日だと思います。1位の野村亮介(三菱日立パワーシステムズ横浜/投手/右投右打)、2位の浜田智博(九州産業大/投手/左投左打)は1年目からバリバリ一軍で投げられる力を持った選手。野手でも3位の友永翔太(日本通運/外野手/右投左打)、4位の石川駿(JX-ENEOS/内野手/右投右打)、6位の井領雅貴(JX-ENEOS/外野手/右投左打)は、社会人野球界屈指の実力者です。特に、井領は常勝チームでずっと主軸を任されていた選手。状況に応じたバッティングもできますし、ここぞという場面で一発も打てる。1年目からスタメンに名を連ね、シーズン終盤にはクリーンアップを任されているかもしれない。それほどの選手です」

 その中日の本気度を物語るのが、浜田の2位指名だという。

「とにかく彼の特長は体が強いということ。延長戦を投げきった翌日に、自ら志願してロングリリーフでマウンドに上がり、きっちりと結果を出す。スタミナとマウンド度胸は、今年のドラフト候補の中でナンバーワンです。それに変則フォームから猛烈な腕の振りで投げ込まれるボールは、スピードガンでは140キロちょっとですが、体感スピードは5キロ増し。これは複数の打者が証言しています。先発でもリリーフでも、どちらもこなせるタイプだと思うのですが、中日が彼を指名したのは岩瀬(仁紀)の後継者として指名した可能性もあると思っています。浜田を含め、全国区の選手は少ないですが、今回の中日の指名に、チームを本気で立て直すんだという気迫を感じました」

 そして安倍氏がもうひとつ挙げた球団が、1位で有原を外し、さらに外れ1位で山崎康晃(亜細亜大/投手/右投右打)を外した阪神だった。

「有原と山崎を外しましたが、今の状態なら1位で指名した横山雄哉(新日鉄住金鹿島/投手/左投左打)の方が上だと思います。それに2位の石崎剛(新日鉄住金鹿島/投手/右投右打)はサイドスローから140キロを超すストレートにスライダー、チェンジアップを織り交ぜて打ち取る投手。こういうタイプの投手は阪神にいませんから、面白い存在になるでしょうね。あと3位で指名した江越大賀(駒澤大/外野手/右投右打)は長打が打てる右打者。これも阪神に少ないタイプです。非常にいい補強をしたと思います」