2014.09.30

プロ野球、いいファンクラブの条件とは何か?

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 下城英悟●写真 photo by Shimojo Eigo

(写真左から)ベースボール居酒屋の店長・高橋雅光氏、『プロ野球12球団ファンクラブ全部に入会してみた!』の著者・長谷川晶一氏、デザイナーの鈴木ユキタカ氏

―― 現在、FCに入っていない多くのファンに向けて、皆さんはFC入会を薦めますか?

鈴木 僕は薦めますね。例えば西武やロッテだと、2人で野球を見に行くとして、その日にどちらか片方がその日、ファンクラブに入れば、1人分がチャラになりますからね。グッズももらえるから、新たに買う必要もないですよね。

高橋 僕は仕事柄、野球居酒屋をやっているということもありますけど、FCに入るようになってから、どのチームの試合を見ても、他人ごとには思えなくなりました。かつてはなんでもなかったオリックス-日ハム戦も、いまでは「どちらも俺に付け届けしてくるカワイイ奴らだなぁ」と愛おしく観れるようになりました(笑)。

長谷川 僕は、毎日ラジオを聴きながらプロ野球のスコアを付けていた11~12歳の頃が最も野球を愛していた時期だと思っていたんです。でも12球団のFCに入ってみて、40を過ぎて「俺、今が一番野球好きだな」と思えるようになりました。球場に行く回数もいまだに毎年、最多を更新していますし。これはやっぱりFCのおかげでしょうね。

―― これからも12球団のファンクラブには入り続けますか?

一同 もちろんです!

(おわり)

取材・撮影協力/ベースボール居酒屋リリーズ神田スタジアム


ファンクラブ・マニア座談会(1)>

 
【発売日】好評発売中
【定価】1200円(本体)+税
【発行】集英社
ご購入はこちら≫

関連記事