2014.09.28

こんなに違う! プロ野球12球団ファンクラブのサービス

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 下城英悟●写真 photo by Shimojo Eigo

―― 三者三様ですね。実際に12球団のファンクラブ全部に入ってみて、良かったことはどんなことがありますか?

高橋 野球との関わりが変わりましたね。特典グッズや会報、メルマガなど「全球団から何かが届く」ことで、すべての球団に「身内感」を持てるようになったことですね。いまだに楽天ファンではあるんですけど、そのほかの11球団も他人ではない感覚というか。

長谷川 僕も一緒で、全球団と遠い親戚になった感覚ですよね。北海道から福岡まで、色々な球場に試合を見に行くようになったんですけど、「ちょっとご無沙汰しているおじさんに会いに行こう」とか、「今年もお墓参りに行かなくちゃな」っていう感覚に似てるんですよね(笑)。

鈴木 おっしゃる通り、僕も去年の楽天の日本一は心から嬉しかったですね。長谷川さんも著書の中でおっしゃっている「マザーテレサ」の心境ですね。あとは球団によってカラーがまるっきり違うので、そのあたりが見えてきたのは面白かったですね。グッズの発送ひとつとっても、ソフトバンクや巨人は無駄なく一括して発送してくるのに、どうしてヤクルトはいつも最初に会員カードだけ送ってきて、グッズは後からと効率が悪いんだろう...とか(笑)。

長谷川 そうそう。ヤクルトは毎年、カードだけ先なんだよねぇ。そんなに慌てなくてもいいのに(笑)。

―― なんだか皆さん、とても楽しそうですね。逆に12球団のファンクラブに入っていて、困ったことはありませんか?

高橋 僕はまだ2年目ですけど、強いていうなら、とにかく継続の更新手続きが意外と面倒くさいなと(笑)。球団ごとに手続き方法がまったく違うんで、どこを更新して、どこがまだ更新してないのかがまったくわからなくなるんですよね。

鈴木 ですよね。多くの球団がカードで自動決済できるのに、どうして広島だけコンビニじゃないと手続きできないんだとか(笑)。まぁ、このバラバラ感が面白いところでもあるんですけど。

長谷川 日本ハムは自動決済なんですけど、特に通知とかがないんで、本当に継続できているのかが最後までわからなくて、自分で「できてますか?」って電話しちゃいましたからね。あれは改善してほしいなぁ。

鈴木 あと、困ったことといえば全球団に登録してるんで、メルマガが鬼のように届くことですかね。