2014.09.19

セ・リーグMVP問題が解決!? 意外な該当者が出現

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 これまでのMVP受賞者を見ると、優勝したチームから選出されることがほとんどで、2リーグ制になった1950年以降、セ・パ両リーグで優勝チーム以外から選出されたのは64年の歴史の中でのべ13人だけ(128人中)。では、優勝チーム以外から選ばれたのは、どんな成績を残した選手だったのか。

1963年 パ・リーグMVP/野村克也(南海)
打率.291、52本塁打135打点

1964年 セ・リーグMVP/王貞治(巨人)
打率.320、55本塁打119打点

1974年 セ・リーグMVP/王貞治(巨人)
打率.33249本塁打107打点

1980年 パ・リーグMVP/木田勇(日本ハム)
22勝8敗、防御率2.28奪三振225

1982年 パ・リーグMVP/落合博満(ロッテ)
打率.32532本塁打99打点

1985年 パ・リーグMVP/落合博満(ロッテ)
打率.36752本塁打146打点

1988年 パ・リーグMVP/門田博光(南海)
打率.311、44本塁打125打点

1990年 パ・リーグMVP/野茂英雄(近鉄)
18勝8敗、防御率2.91奪三振287

1994年 パ・リーグMVP/イチロー(オリックス)
打率.385、13本塁打、54打点