2014.09.16

中村剛也、2年ぶりの本塁打王奪還のカギは?

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 甲斐啓二郎●写真 photo by Kai Keijiro

 ここで3人の対戦チーム別本塁打と残り試合を見てみたい。

中村
ソフトバンク戦…1本(残り2試合)
オリックス戦…3本(残り4試合)
日本ハム戦…10本(残り5試合)
ロッテ戦…5本(残り1試合)
楽天戦…4本(残り3試合)
交流戦…8本

メヒア
ソフトバンク戦…6本(残り2試合)
オリックス戦…7本(残り4試合)
日本ハム戦…2本(残り5試合)
ロッテ戦…6本(残り1試合)
楽天戦…5本(残り3試合)
交流戦…5本

ペーニャ
ソフトバンク戦…2本(残り4試合)
日本ハム戦…7本(残り1試合)
ロッテ戦…5本(残り4試合)
西武戦…6本(残り4試合)
楽天戦…6本(残り4試合)
交流戦…4本

 再び金村氏が語る。

「ペーニャへのマークはどうしても厳しくなるでしょうね。場合によっては歩かせることも考えられます。逆に中村とメヒアは、4番、5番と並んでいるため、相手投手は簡単に勝負を避けることができない。そう考えると、西武のふたりの方がチャンスはあると思います」