2014.08.29

リアル山田太郎!? 解説者7人の「西武・森友哉論」

  • スポルティーバ●構成text by Sportiva
  • photo by Nikkan sports

◎田口壮(元オリックス、カージナルスほか)

 高卒1年目で3試合連続本塁打。しかも、レフト、センター、ライトに打ち分けた。すごいバッターが現れましたね。森の素晴らしいところは、積極的に打ちにいって、自分のスイングができるということです。振り出した時のスイングの速さは、球界でもトップクラスだと思います。僕のイメージでは、ジェイソン・ジアンビ(インディアンス)。思い切りの良さ、スイングの速さはまさにジアンビですね。

 あとは、野球の本当の怖さを知った時にどう向き合うかでしょうね。これは誰もが通る道なんですが、絶対に打てなくなる時期がきます。その時に、これまでと同じようなスイングができるのかどうか。打てなくなるとスイングが小さくなって、これまで手が出ていた球も振れなくなってしまう。この壁をどう乗り越えていくのか、楽しみにしています。

◎土井正博(元西武コーチ)

 森のバッティングを見て、久しぶりに清原和博(元西武など)を思い出しました。ふたりに共通しているのは、下半身でバッティングができるということ。下半身がしっかりしているからバランスのいいスイングができるんです。だから、飛距離が出る。それに逆方向に打てるという点も一緒。これに関しては、教えてできることではないですし、まして18~19歳の選手ができるバッティングではありません。天性の才能を感じます。

 今は代打での出場がほとんどですが、これだけの選手ですからスタメンで使わざるをえません。その時にポジションをどうするか。高校時代にやっていたキャッチャーで育てていくのか、それとも他のポジションをやらせるのか。これは首脳陣が考えることですが、彼は間違いなく球界を代表する選手になる資質を持っています。どこまで成長させることができるのか、チームの力量が問われると思います。

関連記事