2014.08.04

785日分の強さを身に付け、斎藤佑樹は生まれ変わった

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 3-1とファイターズがリードして迎えた9回裏。

 斎藤はベンチでグラウンドを見つめていた。

 考えていたのは、去年のことだ。

 春のキャンプではまったく投げられず、このまま野球ができなくなったらどうしようかと、斎藤はホテルの部屋でひとり、泣いていた。そんな想いを駆け巡らせていたら試合が終わり、斎藤に785日ぶりの勝ちがついた。破顔一笑の斎藤は、ヒーローインタビューのマイクに向かってこう言った。

「プロ1年目、最初の相手がロッテだったんですけど、その時はこんなに簡単に勝てるものなんだと思っていました。でも、今日は本当に苦しかったし、改めて野球の難しさを感じました。これからまた僕の第二の野球人生が始まります。一緒に頑張っていきましょう」

 勝つことの難しさを知らなかった、第一の野球人生は終わった。

 そして、ようやく勝つことの難しさを知って、今、第二の野球人生が始まった。

 どちらが強い斎藤佑樹なのかは、比ぶべくもない――。

関連記事