2014.07.04

栗山監督の一番の悩み「大谷は平気で泣きを入れてくる」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

―― キャンプの時点では、いい球を投げたいという欲よりも、点を与えない、あるいは勝つということをどれだけ優先させられるかが課題だとおっしゃっていました。シーズンに入ってみて、2年目の大谷選手は、そういう先を読んだピッチングができていると感じますか。

「それはすごく感じます。逆に、一時は変化球をすごく少なくさせて、真っすぐを増やせと言ったほどです。勝たなきゃいけないという意識を植え付け過ぎて、変化球に頼りすぎていたんですね。翔平はものすごく負けず嫌いなんですよ。もともと『絶対に勝ちたい』という気持ちが強いから、マウンドでは人が変わっちゃう。『降りろ』と言ってもマウンドを降りないし、『泣きはナシだからな』とずーっと言ってるのに、『イヤだ、もう1イニング行かせて下さい』って平気で泣きを入れてくる。翔平には何回言ったか……おい、ふざけるなよって(苦笑)」

―― 最後に、監督は開幕前には、日本一から逆算すると大谷翔平が化けることが必要だとおっしゃっていました。では、大谷選手が化けた今、日本一から逆算して次に必要なことは何だと思いますか。

「それは、吉川光夫と斎藤佑樹のふたりが先発に戻ってくれることかな。今の先発陣に加えて、あのふたりがどれだけ勝ち星を挙げてくれるかというのが、これからのプラスアルファになる。カギを握るのは吉川と斎藤……あとは、中田翔の爆発です。チームで唯一、定着できているのが4番の翔なんだけど、4番としてはまだ、全然ですからね(苦笑)」

関連記事