2014.06.26

再び首位奪取へ。広島の命運を握るふたりのキーマン

  • 阿部珠樹●文 text by Abe Tamaki
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 シーズン序盤のカープの快進撃を支えた投手力が崩れ、それが攻撃陣にも影響を及ぼすという悪循環に陥ってしまった。

「でも、あれだけ負けたように見えてまだ貯金がある。そこはプラスにとらえないと」

 そう指摘するのは同じく解説者の槙原寛己氏だ。

「交流戦の最後で5連勝したように、チームの状態は上がっている。巻き返すチャンスは十分にありますよ」

 では後半戦、交流戦の負け越しを帳消しにするためのポイントはどこにあるのだろう。

 与田氏はキーマンとしてふたりの名を挙げてくれた。

「打者では菊池涼介ですね。足があるし、投手へのプレッシャーのかけ方もうまいので、とにかく塁に出したくない選手です。菊池が塁に出ることで、走塁面だけでなく、あとの打者へのよい影響も期待できる。彼がどれだけ出塁できるかがカギでしょう。そして投手でいえばやはりマエケン(前田健太)ですね」

 エースがキーマンというのは当然のようにも思えるが、与田氏が注目するのはマエケンのコンディションだ。

「今年のマエケンの体調は、正直、万全ではないと思います。彼の名前と技術でなんとか抑えているが、本調子ではない。ただ、優勝を争うには絶対に必要な存在。カープにとって一番怖いのはマエケンが長期離脱してしまうことです。そうさせないためには、適度な休養を与えながら使うことが必要です。その時、野村祐輔、大瀬良大地などの若い投手がどれだけカバーできるかがポイントになるでしょう」