2014.06.02

ハマの大エースへ。井納翔一が語る「2年目の飛躍のワケ」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by(C)YOKOHAMA DeNA BAYSTARS

―― 精神的な部分で勉強になることが多いと。

「ヒサさんと久保さんの存在は大きいですね。昨年の僕や三嶋は1敗しただけで次の日まで暗くなっていたのですが、ヒサさんや久保さんは負けを引きずらないんです。あと、モスコーソもうまく周りを盛り上げてくれます。だからチームが連敗しても、雰囲気が悪くなることはありません。自分は負ければまだ暗くなることはありますけど、以前より気持ちの切り替えが早くなったと思います」

―― ここまでの活躍で、エースとの声が上がっています。

「エースと言われることは嬉しいですけど、まだ1年間しっかりした成績を残していないですから。たとえ、今シーズンいい成績を残せたとしても、それは1年だけですし……2年、3年としっかりした成績を積み上げれば、本当の意味でエースになれると思います。今は1戦1戦、打者ひとりひとりを抑えていくことしか考えていません」

―― エース像について考えたことはありますか。

「うーん、エースに対して特に考えたことはないですね。でも中畑(清)監督に『もちろん人間なので負けることはある。でも、コイツが投げたらチームは勝てる。そう思わせられる投手がエースだ』と言われたことはあります。今で言えば、広島の前田健太や巨人の菅野、あとはオリックスの金子(千尋)さん、西武の岸(孝之)さん、ソフトバンクの攝津(正)さんがそういう投手だと思います」

―― では、井納投手が理想とするピッチャー像はありますか。

「元ソフトバンクの斉藤和巳さんに少しでも近づければと思ってやってきました。ボールのキレや精度は違いますけど、持っている球種は似ている。自分も斉藤さんのようなピッチングをして、投げる試合はチームが勝てるようにしたいですね」

関連記事