2014.05.06

新人王最右翼は? 解説者7人の「ルーキー診断」

  • スポルティーバ●構成 text by Sportiva
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

◎槙原寛己(元巨人)

「投手では、広島の大瀬良大地が見事なピッチングを見せています。彼のいちばんの魅力はボールに力があるということ。球威があることは、次のステップに進む時に非常に重要になってきます。ここに細かいコントロールがついてくると、バッターとしては打ち崩すのが困難。広島には前田健太を筆頭にいい投手が揃っていて、彼らから学ぶものはたくさんあるはずです。いろんなものを吸収していってほしいですね。

 野手では、巨人のルーキー捕手・小林誠司(打率.426、0本塁打、1打点)がいいですね。肩の強さには定評があったのですが、バッティングもしつこさがあっていいんです。簡単に打ち取られるということがないですよね。阿部慎之助がケガで試合に出られないということがありましたが、小林が見事に穴を埋めました。リードはこれからもっと勉強していかなければいけませんが、センスの良さを感じます」

◎与田剛(第2回、3回WBC投手コーチ)

「広島の大瀬良大地、ロッテの石川歩は、さすがドラフト1位というピッチングを披露しています。彼らの共通点は、ボールに力があることと、調子が悪くても試合を作れる器用さを持っていること。自滅するというイメージが湧きませんよね。ただ彼らの活躍というのは、ある程度計算通りというか、それなりに期待していた部分はあると思います。

 その一方で、阪神のドラフト6位、岩崎優(5試合、2勝2敗、防御率2.45)の活躍には驚きでした。ストレートは140キロ程度ですが、打者が差し込まれています。これはボールにキレがあるということと、打者の手元で伸びているということ。そして、彼の独特なピッチングフォームが理由です。肩の開きがなく、ボールの出どころがわかりづらい。それに腕が遅れて出てくるので、タイミングが取りづらい。すごいボールがあるわけではないのですが、打者は相当打ちづらいと思います。周りから見るよりも打席に立った方が、彼のすごさがわかると思います」

※選手の成績はすべて5月5日現在のもの

関連記事