2014.04.14

メジャースカウトが次に狙う日本人選手はこの6人

  • 永塚和志●文 text by Nagatsuka Kazushi
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 続いて、金子についても聞いてみた。

「これまで故障が多く、メジャーの中4日の登板に耐えられるだけの体力があるかどうかを心配する声もあるが、持っているものは一級品。とにかく彼の素晴らしいところは、変化球の多さとその精度の高さ。どの球種でもストライクが取れるし、どれもウイニングショットにできるだけのキレがある。昨年、パ・リーグの奪三振王を獲得したが、三振を奪えるのも魅力」

 海外FA権を取得できるのは来年だが、金子がメジャーを希望すれば、間違いなく獲得に動くチームはあるという。この他、投手で名前が挙がったのがDeNAの山口俊(26歳)とソフトバンクの森福允彦(27歳)のふたり。ア・リーグ某チームのスカウトは次のように語る。

「山口は藤川球児(カブス)より経験が浅く、まだ安定感はないかもしれない。だけど、年齢も若いし、藤川よりも肩がすり減っていない。それに彼の魅力は体の大きさ。しっかりトレーニングを積めば、まだまだスピードアップも望める。アメリカで成功する可能性を秘めたピッチャー」

 そして森福については、「アメリカにいないタイプだから」とのことだが、彼のようにワンポイントで生きそうなタイプも、チームによっては必ずリストアップしているという。

 一方、野手はどうか。これまでしばしば名前が挙がっていたのが、オリックスの糸井嘉男だ。投手に比べて、日本人野手の評価は厳しいが、糸井に関しては複数のメジャースカウトが「糸井のポテンシャルはメジャーでも通用する」と言うように、その才能を高く評価している球団はある。

「彼のスピードは十分にメジャークラス。イチロー(ヤンキース)や青木宣親(ロイヤルズ)と違い、一塁到達タイムはそれほど速くないが、塁間のスピードなら、彼らと同等か、それ以上かもしれない。それに、彼らよりもパワーがあるし、守備も素晴らしい」(ア・リーグスカウト)

 そして近年は、走塁やバントなどの小技を駆使して1点を取りにいく、いわゆる「スモール・ベースボール」を採用するチームが増え、獲得する選手の傾向も変わりつつあるという。