2014.03.26

解説者7人が挙げる「2014年プロ野球、期待の12人」

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

◎飯田哲也(元ヤクルトコーチ)

「新天地に移った片岡治大は、今年に懸ける意気込みが強いはずです。西武時代から打って、走って、守れる選手。彼の力をもってすれば、巨人でも中心選手になれると思います。昨年の巨人はセカンドが流動的でしたが、チームにとって二遊間を固定できるのはいいこと。ジャイアンツのプレッシャーに負けず、本来の力を発揮することができれば、間違いなく活躍できると思います。パ・リーグで楽しみにしているのは、新人の松井裕樹(楽天)。昨年の藤浪と同じく、勝って当然のピッチャー。それくらい、モノが違いますよ。相手打者も『打ってやる』と来るので、見ているファンもおもしろいと思います」

◎山﨑武司(元中日、オリックス、楽天)

「キャンプでソフトバンクの打撃練習を見ましたが、長谷川勇也の実力は抜けていました。とにかく、ボールの捕まえ方が素晴らしい。必ず懐(ふことろ)で捉えて、自分のタイミングでパチーンと打つんです。ダラーンと打つのではないから、バッティング練習を見ていて気持ちいい。ホームランバッターと一緒にバッティング練習をしていても、長谷川のほうがパチーンと打つので力強い音がしていました。去年首位打者を獲りましたが、その実力は今年も健在です。セ・リーグで期待しているのは平田良介(中日)。ホームランを30本打つ可能性を秘めているバッターですが、まだパフォーマンスとしては発揮できていません。彼が一本立ちするために必要なのはメンタル。つまり、折れない気持ちを持ってやること。昔の僕みたいに、今は本能で野球をやっています。もっと野球を勉強することで、成績が上がっていくはずです。勝負強いし、素晴らしい対応力を持っているので、波の激しさをなくせば確実に素晴らしいバッターになるはずです。セ・リーグには和製大砲がいないので、平田に頑張ってほしいですね。今は与えられた4番打者だけど、その座を自分でつかみ取ってもらいたいですね」

 金子や菅野は、球史に名を刻むような大投手になることができるか。昨季ブレイクした浅村と長谷川は、2年連続の活躍が一流選手の座を確立するステップとして不可欠だ。高い潜在能力を秘めた筒香と平田にはスケールの大きな打者に、大谷と藤浪、そして新人の松井には球界を背負って立つ投手になってもらいたい。もちろん、今回紹介していないが、今年、大ブレイクを予感させる選手はまだまだいる。彼らの活躍が、今季の球界を盛り上げるはずである。

関連記事