2014.03.25

解説者アンケート「今年注目のルーキーはこの8人!」

  • 中島大輔●構成 text by Nakajima Daisuke
  • 小内慎司●写真 photo by Kouchi Shinji

◎薮田安彦(元ロッテ)

「石垣島キャンプで石川歩(ロッテ・ドラフト1位)を見て、実戦向きのピッチャーという印象を受けました。ブルペンで投げている時より、バッターが打席に立った時の方がいいボールを投げていたからです。変化球でストライクを取れるので、自滅することはない。公式戦ではオープン戦と違う緊張感があるので、ポイントはいかにいいスタートを切れるか。それさえうまく行けば、かなり面白いと思います。セ・リーグで注目しているのは大瀬良大地。あれだけ鳴り物入りで入ってきて、どこまでの成績を残すことができるのか。去年の侍ジャパンの試合では、真っすぐばかり投げていましたが、素晴らしい力がありました。いわゆる力投型の感じではないのですが、真っすぐのスピードが出ています。素晴らしいものを持ってプロに入ってきているので、実戦を重ねて自信を積んでいけば、十分に通用すると思います」

◎飯田哲也(元ヤクルトコーチ)

「楽天の松井裕樹はマウンドで堂々としているし、オープン戦で結果も残しています。特に素晴らしいのが、腕の振り。打者としては、ピッチャーに腕を振られるのが一番怖い。ましてや松井はストレート、スライダーともに同じ腕の振りだから、バッターとすれば厄介です。10勝は期待できると思いますね。セ・リーグでは、西浦直亨(ヤクルト・ドラフト2位)にショートのレギュラーを獲ってほしい。ヤクルトでは久々に、守備力の高いショートが入ってきました。開幕戦からスタメンで出そうな気配ですが、守備力を買われての抜擢だと思います。堅実なプレイを見せてほしいと思います」

 昨年は楽天の則本昂大、ヤクルトの小川泰弘が新人王を獲得したが、開幕前はそこまで評判が高かったわけではない。それでも想像をはるかに超える活躍を見せ、小川は最多勝、則本は日本一に貢献した。そして今年、松井、大瀬良に注目が集まっているが、この他にもルーキーはいっぱいいる。はたして、我々の想像を超える活躍を見せてくれる選手はいるのか。ルーキーの活躍はチームに勢いを与えるだけに、大いに期待したいところだ。

関連記事