2014.03.22

栗山監督が語る「斎藤佑樹と大谷翔平に賭ける意味」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

―― 斎藤佑樹については、いかがですか。

「フォームがギクシャクする感じも消えてきたし、すごくスムーズになってきて、肩の開きも抑えられるようになってきました。ずいぶんバッター方向まで体重移動して、ポッと回れるようになってきているし、あれがもうひとつ我慢できるようになると、変化球がクッとキレて、バッターが打ち損じるという佑樹のよさが出てくると思います。今まで無意識にできていたことを意識してやるというのは本当に難しい。それができるようになってきたというのは、前に進んでいる証拠だし、やっと本当の勝負ができるところまで来たという印象です」

―― 斎藤がローテーションの一角に入ってくる可能性を感じていますか。

「もちろんです。斎藤佑樹が勝って、みんなが感動する試合があって、そこから優勝に向かってチームがグワーッと盛り上がる……そういうイメージは僕の中に自然と湧いてきますからね。何度も言うように、これは佑樹のためではなく、チームが勝つために、彼の持っている力を活かしたいということ。かつての荒木大輔(元ヤクルトコーチ)のように、ローテーションを守って、テンポよく投げて、ムダなフォアボールを出さずに、試合をきっちり作ってくれるピッチャーって、大事なんですよ。そういうピッチャーはチームにリズムをもたらしてくれるし、佑樹がそういう存在になってくれたら、ウチは絶対、優勝できますよ」

―― いよいよ開幕となったら、何を大事に考えてメンバーを決めていくものなんですか。

「自分の中に、日本一になるための、そして常勝チームであり続けるためのレギュラーのイメージがあるんです。こういう選手たちが中心にいてくれれば、このチームはいつも優勝争いができるというイメージ。僕の中では、次の10年に向かってもう一度、チームとしてのベースを作ろうと思っています。そのために選手たちに言っているのは、ウチのチームのレギュラーはジャパンのレギュラーであれ、ということ。全員が日本代表のレギュラーだったら、チームは強いに決まってる。だから、目指すのは日本代表のレギュラーなんだ、と……それが僕の目指すファイターズの理想像です」

―― 去年、最下位だったからこそ、史上初の優勝、最下位、優勝というドラマを作るチャンスが生まれた(笑)。中途半端じゃないところがいいじゃないですか。

「そうは言っても、やっぱり去年も3位には留(とど)まっておかないといけなかったね(笑)。ただ、野球の歴史を紐解くと、最下位にならなきゃできないことってあるんです。最下位だからこそ諦める。負け切らないとできないことが、野球の組織にはあるということを実感しました。だから今年は、去年の最下位を生かさないといけないと思っています。ここでチームが変わるんだということを、みんなが実感して共有しなければならない。それができれば、優勝、最下位、そして優勝も十分にあり得ると、今はそう思っています」

関連記事