2014.03.13

黄金ルーキーの実力は本物か? 解説者7人が見た楽天・松井裕樹

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 小内慎司●写真 photo by Kouchi Shinji

◎与田剛(第2回、3回WBC日本代表投手コーチ)

「マウンドでの姿が、ルーキーとは思えないほど堂々としています。これはすごく大事なことで、いくら実力があっても力を発揮できないピッチャーがいますが、松井に関してはその心配はないと思います。ストレートも変化球も、さすがドラフト1位の投手と思わせるだけのボールですし、ローテーションに入っても十分やっていけると思います。ただ、これから球界を代表する投手を目指すなら、より精密なコントロールが求められますし、クイックやフィールディングといった部分もマスターしないといけない。とはいっても、まだ1年目。今年はいろんなことを経験して、それからひとつずつ課題に取り組んでいけばいいと思います」

◎野村弘樹(元横浜ベイスターズ投手コーチ)

「巨人とのオープン戦を見ましたが、主力相手に物怖じせず投げている姿が印象的でした。気持ちの強さを感じますし、それがオープン戦での好結果につながっていると思います。ヤクルトの小川泰弘のように、マウンドで大きく見えるタイプの投手です。球そのものにも力があるし、バッターが振り負けています。これはベース付近でボールに勢いがある証拠。この球を投げられていれば、一軍相手でも十分に通用すると思います。僕は、開幕からローテーションに入れてもいいと思っています。もちろん、昨年の藤浪(晋太郎)のように球数やイニングの制限を設けながらやっていかなければいけないでしょうけど……。唯一、不安な点を挙げるとすると、球種が少ないため、どれかひとつ調子が悪ければ配球で苦しむかもしれない。そうした時にどういうピッチングができるのかでしょうね」

◎山崎武司(元楽天ほか)

「投げっぷりは本当に素晴らしい。ボールのキレ、角度、腕の振りと、どれも一級品。夢のある選手であることは間違いない。ただ、課題もたくさんある。それだけに、今シーズンどれだけ活躍するかと聞かれると、『正直わからない』というのが僕の答えです。いちばん気になるのが、あれだけ体も腕も振って投げると、体力的に1試合もたないんじゃないかということ。高校ではできたことが、はたしてプロの世界でできるかどうか。決して体も大きい方じゃないですし、故障の心配は出てきます。ここをクリアできれば、ローテーションでやっていけるでしょうし、勝ち星も期待できると思います。何度も言いますが、素材は間違いなく一級品です」